Home > スポンサー広告 > MG ジムの製作2 小改修1+塗装1

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://gunplarevenge.blog34.fc2.com/tb.php/21-56812fbd
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from GUNPLA ReVeNGe (ガンプラリベンジ)

Home > スポンサー広告 > MG ジムの製作2 小改修1+塗装1

Home > MG ジム Ver.2.0 > MG ジムの製作2 小改修1+塗装1

MG ジムの製作2 小改修1+塗装1

今回はMG ジム Ver.2.0の製作2です。
小改修、と呼べる程の事はしていませんが、小改修と塗装開始です。
MG ジム Ver.2.0
ロングレンジ・ビームライフルを装備!
イメージはこんな感じ!で作って行きます。
ウソウソw

某お方から、陸戦ジム用のロングレンジ・ビームライフル、100mmマシンガン、シールドを頂きましたッ!
ロングレンジ・ビームライフルはネタですなぁ・・・。
塗装しちゃおうかなぁ。

MG ジム <br />Ver.2.0
シールド、100mmマシンガンを装備。
こんなイメージで作って行きます。(軽くデジャブw)

俺が何をしたいのか、もう気づいた方もおられますでしょうか・・・!

ポイントはこの陸戦ジム用のシールドです。
そのままでは装備出来なくて、改造して装備させても可動範囲が狭く。
そこで・・・

MG ジム Ver.2.0
ジム2.0用のシールド用アタッチメント(?)を改造して装備させました。
後ろから見ると分かりやすいですかね。

可動範囲が抜群で、本体への加工が必要ありませんから、とてもスマートだと思います。
そして、左手用の持ち手まであるというw

MG ジム Ver.2.0
ピンバイスにて、バルカンの開口を行いました。
向かって左はノーマル、右が開口後です。

当初、メタルパーツにてバルカンを付けようと考えていましたが、断念。
形状的に強度が保てそうにありませぬ。。。
開口して小さいバルカンを仕込むのも考えましたが、スケール感がおかしくなるので断念。

バルカン開口で軽くディティールUPしておしまいです。
キットのバルカンの形状がかっこ悪い!という訳ではありませんからねw

MG ジム Ver.2.0
外装の塗装を開始しました。
これは灰サフを吹いた後ですね。

MG ジム Ver.2.0
こちらは灰サフ後に暗いグレーを塗装しました。

さて、シールド、100mmマシンガン、グレーで分かったかと思いますが・・・
今回はホワイト・ディンゴ隊仕様で製作して行きたいと思いますッ!!

ホワイト・ディンゴ隊はドリキャス用ソフト「コロニーの落ちた地で…」に登場した部隊です。
ドリキャスですよ、ドリキャスw

カラー的にはですね、暗い灰色、明るい灰色、白っぽい灰色の3色がメインになります。

今回使った暗い灰色のカラーレシピは・・・
ニュートラルグレー80%、ミッドナイトブルー20%です。
どちらもMr.カラー。


【雑記】
さて、MGジムですが、ホワイト・ディンゴ隊仕様で行きます。
画像だとまだフロントアーマーがノーマル仕様ですが、セパレート仕様で塗装します。

バーニア類をメタルパーツ化し、頭部のクリアパーツをオーロラ化します。

設定的にはですね、ノーマルのジムで色だけが部隊オリジナルカラーとなっています。
その為、やたらカッコイイ感じに手を入れないようにしています。
ほんとは電撃の作例のようなカッコイイジムが好みなんですけどねw

今回はやすりがけがうまく行きました。
サンディングスティック400→600→800→コバックス1000→サンディングスティック1200。
これがなかなか良いなぁ、と感じます。
凄い使いやすいんですが、サンディングスティック1000の素材が柔らかくてうまく掛かってなかったようです。
ですのでコバックス併用したら、なかなかイイ感じになりました。

後は、やはりリニアコンプレッサーの限界を感じています。
買ってから3つ位しかプラモ作ってないんですが、やはり低圧過ぎますねぇ。。。
事前にネットで評判などをチェックしてから買った感じです。
大体の場合でガンプラはL5で充分、と。
そこでL10の後に出たL7を買った次第です。

確かにガンプラを作る上であまり不便には感じません。
ただ、うちの機器的な相性があるように思えます。

以前は0.2~0.3mm口径のハンドピースを使っていました。
指が疲れるのでトリガータイプにしたかったんですね。
それで0.5mm口径のトリガーにして、だいぶ楽になった感じがします。
ただ、0.5mm口径をL7で使うと若干圧が足りないと感じるんです。
先日、アルケー塗装中に梨地になりましたが、あれも圧不足が原因かと思います。
距離、濃度、温度など様々ば要因はありますが、ジム塗装中にも同じ症状が出て一部やり直しました。
となればやはり圧不足で粒子が粗くなってるんだと思います。

0.4mm口径のエアブラシを注文しましたので、これで改善出来るかな~♪
届いたらレビュー書きたいと思います。

むーん。
コンプレッサーの新調も頭の隅で考えておいた方がイイかもですねorz


相互リンクは常時募集中です。
コメントにてお知らせ下さいませッ!

どなた様もコメント・トラバはお気軽に♪

ランキングに参加してみました。
ポチッとな!して頂けると、まふが喜びます!(*´∀`*)ポワワ

にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ人気ブログランキングへ

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://gunplarevenge.blog34.fc2.com/tb.php/21-56812fbd
Listed below are links to weblogs that reference
MG ジムの製作2 小改修1+塗装1 from GUNPLA ReVeNGe (ガンプラリベンジ)

Home > MG ジム Ver.2.0 > MG ジムの製作2 小改修1+塗装1

Links
Mail Form

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。