Home > スポンサー広告 > HG オーガンダムの製作1 素組完成

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

EisenLowe URL 2009-06-08 (月) 18:36

やたらアクセスカウントが増えたと思ったらこんな所からw

さらっと書いただけの記事なのでちょと恥ずかしいですね(苦笑)

最後の写真、やはりサーベルのビームパーツとサーベルグリップが今ひとつ馴染んでない様な気が。

アリオスのサーベル(SB-5パーツ)付けて欲しかったなあ・・・

まふ URL 2009-06-08 (月) 22:25

>れーさん
罠です、暗にレビューを書くんだ!という罠だと思います。(ぉ
れーさん詳しいから、ちゃんと書いたら面白いハズ。
柄はカッコイイんですけど、ビーム刃が平べったく。。。
しかしながら、平べったい故にエクシアR2にそのまま流用が出来る素晴らしさ!
バンダイさんの心遣いに涙が出て来るお・・・w

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://gunplarevenge.blog34.fc2.com/tb.php/42-1a2d5730
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from GUNPLA ReVeNGe (ガンプラリベンジ)

Home > スポンサー広告 > HG オーガンダムの製作1 素組完成

Home > HG オーガンダム > HG オーガンダムの製作1 素組完成

HG オーガンダムの製作1 素組完成

今回はHGオーガンダム実戦配備型の製作1です。
素組が完成しましたので簡単にレビューしてみたいと思います。
画像が大きめですので夜間は重いかも知れません。
重い場合は時間をずらしてアクセスしてみて下さい。
HG オーガンダム 実戦配備型
今回からHGオーガンダムの製作開始です。
パッケージイラストは森下直親先生です。
毎度毎度、カッコ良すぎて、パッケージだけでお腹いっぱいですw

HG オーガンダム 実戦配備型
胸部はHGにしては少し複雑な作りをしています。
胸部は塗り分けが完璧で素晴らしいです。

HG オーガンダム 実戦配備型
ラッセ仕様を再現出来る、GN粒子貯蔵タンクです。
1パーツ構成に見せつつ、実は3パーツ構成という凝った仕様です。

HG オーガンダム 実戦配備型
向かって右側の腕にご注目下さい。
関節なのですが、ちょっと構造的に白化しやすいかも知れません。
腕をはめる際にはご注意です。
最悪の場合は、じわりと折れる可能性も・・・

まふは予備キットから使用します。。。

HG オーガンダム 実戦配備型
足首の装甲はちょっと変わった構造になっています。
可動範囲は素晴らしいのですが、ちょっと不安な構造w
ポージングの際に見えるとちょっとカッコ悪いかも知れませんね。

HG オーガンダム 実戦配備型
素組が完成しました。
カトキ立ち風w

HG オーガンダム 実戦配備型
背面から。
GNドライヴ仕様か、GN粒子貯蔵タンク仕様か好きな仕様を差し替えで楽しめます。
個人的にはやはりGNドライブ仕様が好きです♪

GNドライブのパーツは結構精密になっています。

HG オーガンダム 実戦配備型
ビームサーベルは柄が眺めですので、両手持ちが可能です。
刃部分のクリアパーツは2本分付いていますが、柄はもちろん1個です・・・w
刃長っ!

名称的にはGNビームサーベルではなく、ただのビームサーベルだそうです。

HG オーガンダム 実戦配備型
可動範囲がとても広いのでポージングも楽々。
アクションベースを挿す穴も股間だけじゃなく、背中にもあります。
これが超便利です。
アクションの幅というか、撮影の幅が広がりました。

HG オーガンダム 実戦配備型
シールドの裏側に肉抜き穴みたいのがありますが、これは仕様っぽいです。
バンダイの塗装された見本でもここは空いたままで塗装されており、塗り分け的にもキーっぽいですね。

シールドは固定する穴が無く、手に持たせて、腕に何となくはまってるだけです。
塗装すると剥げそうですので、ここはクリアを少し厚く吹くか、マグネット使用がイイかもですね。

HG オーガンダム 実戦配備型
シールドがかなりカッコイイ。
裏面の塗り分けを考えなければ、完璧w

HG オーガンダム 実戦配備型
エクシアR2と戦ってる風。
でも、エクシアR2はまだ作ってないのです。(´・ω:;.:...


【雑記】
遂に発売しました、HG オーガンダム 実戦配備型。
今回も全塗装で行きたいと思います。
HGUC Hi-νガンダムが発売するまでに完成出来ると良いのですが、きっと無理w

成形色がとてもキレイです。
塗り分けもかなり良いので、このまま素組で充分カッコイイ、みたいな感じです。
それでも塗装するのは・・・男のロマンです。(ぉ

パーツ破損が怖い箇所は腕の関節と、顔の白いマスク部分でしょうか。
マスク部はセラフィムと同じ感じなのですが、まふはセラフィムの際にパッキリとマスクが真っ二つに折れました。。。
同じような感じでしたので、これから作る方は注意してみて下さい。
後はレビューでも書きましたが、腕の関節部分の白化と折れが怖いです。

他には・・・強いて挙げるとすれば塗装派の方が素組後にバラす際が怖そうです。
結構パーツが取れにくい構造ですのでバキッ!といきそうですね。
胸部のアンテナとか、黄色部分とか・・・。

可動範囲は素晴らしく、ダブルオーシリーズのHGの優秀さを改めて感じました。

パーツ構成的には全体的にモナカ構造が目立ちます。
腕や脚はパーツ構成が良く、塗装も楽そうです。
胸部の後ハメは物凄く楽か、物凄く大変か、どっちかだと思います。
まだ試してないので分かりませんw

塗り分け的にはシールド裏が最大の難関だと思います。
シールド裏の肉抜きを埋めちゃうと、塗り分けがキツそうです。
たぶん、あそこは埋めない場所というか、デザインであり、仕様だと思います。
足裏の肉抜きは埋めて良いかと思いました。

今からエクシアR2の製作に入りたいと思います・・・!
ラストバトル風の画像はエクシアR2完成時に撮影したいと思います。

最後になりますが、まふの友達のれーさんが軽く文章のみでレビューを書いています。
まふとは全然違う切り口で解説していますので、良かったら見に行ってみて下さい。


相互リンクは常時募集中です。
コメントにてお知らせ下さいませッ!

どなた様もコメント・トラバはお気軽に♪

ランキングに参加してみました。
ポチッとな!して頂けると、まふが喜びます!(*´∀`*)ポワワ

にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ人気ブログランキングへ

Comments:2

EisenLowe URL 2009-06-08 (月) 18:36

やたらアクセスカウントが増えたと思ったらこんな所からw

さらっと書いただけの記事なのでちょと恥ずかしいですね(苦笑)

最後の写真、やはりサーベルのビームパーツとサーベルグリップが今ひとつ馴染んでない様な気が。

アリオスのサーベル(SB-5パーツ)付けて欲しかったなあ・・・

まふ URL 2009-06-08 (月) 22:25

>れーさん
罠です、暗にレビューを書くんだ!という罠だと思います。(ぉ
れーさん詳しいから、ちゃんと書いたら面白いハズ。
柄はカッコイイんですけど、ビーム刃が平べったく。。。
しかしながら、平べったい故にエクシアR2にそのまま流用が出来る素晴らしさ!
バンダイさんの心遣いに涙が出て来るお・・・w

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://gunplarevenge.blog34.fc2.com/tb.php/42-1a2d5730
Listed below are links to weblogs that reference
HG オーガンダムの製作1 素組完成 from GUNPLA ReVeNGe (ガンプラリベンジ)

Home > HG オーガンダム > HG オーガンダムの製作1 素組完成

Links
Mail Form

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。