Home > スポンサー広告 > HGUC ギラ・ドーガの製作4 腕部の表面処理

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

模型人まふ URL 2009-06-27 (土) 18:07

確かにABSは整形し辛いですよね。強度がある分通常のスチロール樹脂にくらべて、粘る・・と言うと変ですが柔らかいような独特の質感があって、やすると白っぽくなるし・・。
そのうえ最近のガンプラの取説では色塗るなと書いてあったりで、僕もあまり好きじゃありません。

まふ URL 2009-06-28 (日) 00:12

>模型人まふさん
ですです、何とも言えない感じですすよね。
ゲート処理をナイフでやる分には良い感じなのですが、パーティングラインがキツイw
塗装しないで下さいって書いてありますよね。
今の所、ABSを塗装して破損した事はありませんw

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://gunplarevenge.blog34.fc2.com/tb.php/71-aa696f97
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from GUNPLA ReVeNGe (ガンプラリベンジ)

Home > スポンサー広告 > HGUC ギラ・ドーガの製作4 腕部の表面処理

Home > HGUC ギラ・ドーガ > HGUC ギラ・ドーガの製作4 腕部の表面処理

HGUC ギラ・ドーガの製作4 腕部の表面処理

今回はHGUC ギラ・ドーガの製作4です。
腕部の表面処理を行いました。
HGUC ギラ・ドーガの製作 表面処理
まずはボツ作業から~!

脚部のシャフトをメタルパーツ化しましたので、腕部も試みました。
そして脚部とは径の異なるシャフトを埋める事にしましたが・・・
キットの径はなんとも言えない独特な径でして、メタルパーツ化は出来ませんでした。。。
丸棒やら色々と試しましたが、どうもイマイチ。
かなり強引にメタル化してみても、やっぱりイマイチでした。

結論:キットのままの方がカッコイイ!(ぇー
まふが数時間掛けてたどり着いた答え・・・、パッと見でその答えに行き着く人の方が多いと思いますが・・・w

HGUC ギラ・ドーガの製作 表面処理
腕部はシャフトの改修を行わず、キットのまま使う事にしました。

コバックスの400~1000、サンディングスティックの1200を全パーツにかけました。
今回は粗い番手のサンディングスティックを使用しておりませんので、表面がキレイ♪
かなりツヤツヤしてますねw

スパイクアーマーですが、作業に2~3時間掛かってしまいました。
モールドの彫り起こしを行いました。
元々深い部分はBMCタガネの2mmで彫っています。
かなり緩い部分は彫らなくてもイイとは思いましたが、反対側のアーマーで彫ったので彫りましたw
緩すぎて、なぞるのも大変なラインで結構てこずりましたが無事に終了です。
緩い方はスジボリツールPROの1mmで彫っています。

HGUC ギラ・ドーガの製作 表面処理
左右の腕部全ての表面処理が終わりました。

ABSのパーツにかなり苦戦しました。
ABSはパーティングラインが本当厄介です。
パーティングラインの部分って通常は凸なのですが、ABSだと凹の中にあるというか・・・。
とにかくやすりにくいのですw

そして、パッと見だとラインやゲート跡が消えてないように見えるのも困りますね。
光に照らして、平面を確認したり、手で触って滑らかかどうかを確認したり。
画像だと消えてないように見えますか、しっかり消えております。

ついカッとして
HGUCアイザック発売との事で、レドーム付きのプラモが欲しくなってしまいました!(ぇぇ
そこでメサイアバルキリーのルカ機!
これでSMS小隊全てのプラモが揃いました・・・!!
ゴーストって1機だけ色違いなのを知らなかった・・・w

あとはMGのウイングゼロのEW版。
カトキ版のアーリー仕様を頼んだような気がしましたが、なぜかEW版が・・・w
これはEW版を作れお!って事ですね、分かります。。。


【雑記】
今日はABSの表面処理に苦戦しました。

いつもは自在やすりでささーっと終えてしまうのですが、自在やすりの芯が切れているのです・・・。
セラカンナも持っておりませんので、なかなかラインが消えず。
サンディングスティックで荒々しくやってみたら、パーツが凹んでしまって予備パーツを1から作業し直しなどABSに泣かせられる1日でした。

自在やすりが無いとここまで大変とは思いませんでした。
来週、必ず買います。。。

しかしながら、かなり満足の行く作業が出来ました。
明日は頭部の表面処理を行ってから、サフまで行きたいと思います。


HGUCアイザックのレビューを早耳ガンプラ情報局さんで拝見しました。
HGUCハイザックの流用とか知りませんでした。(ぉ
青い成形色でハイザックだと、CCAでギュネイが乗ってたホビーハイザック(でしたっけ?)みたいでイイですね♪

アイザックはあまり好みではありませんので、スルーして正解だったかもw
代わりにルカ機買ったし!(*´Д`*)
アーマードよりもルカを優先してしまいましたッ!
デカール貰えないお店でしたので・・・。

今週はガラッゾもアイザックもスルーしましたが、MGガンダムVer.2.0のメカニカルクリアはレビューします。
組み上がったらそのままトップコートまで突っ走りたいと思います。
明日か明後日に届きます。


相互リンクは常時募集中です。
コメントにてお知らせ下さいませッ!

どなた様もコメント・トラバ・Twitterのaddはお気軽に♪

ランキングに参加してみました。
ポチッとな!して頂けると、まふが喜びます!(*´∀`*)ポワワ

にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ人気ブログランキングへ

Comments:2

模型人まふ URL 2009-06-27 (土) 18:07

確かにABSは整形し辛いですよね。強度がある分通常のスチロール樹脂にくらべて、粘る・・と言うと変ですが柔らかいような独特の質感があって、やすると白っぽくなるし・・。
そのうえ最近のガンプラの取説では色塗るなと書いてあったりで、僕もあまり好きじゃありません。

まふ URL 2009-06-28 (日) 00:12

>模型人まふさん
ですです、何とも言えない感じですすよね。
ゲート処理をナイフでやる分には良い感じなのですが、パーティングラインがキツイw
塗装しないで下さいって書いてありますよね。
今の所、ABSを塗装して破損した事はありませんw

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://gunplarevenge.blog34.fc2.com/tb.php/71-aa696f97
Listed below are links to weblogs that reference
HGUC ギラ・ドーガの製作4 腕部の表面処理 from GUNPLA ReVeNGe (ガンプラリベンジ)

Home > HGUC ギラ・ドーガ > HGUC ギラ・ドーガの製作4 腕部の表面処理

Links
Mail Form

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。